スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶯谷駅で線路転落の男性救助の男性に感謝状 呼びかけに名乗り出る(産経新聞)

 JR鶯谷駅(東京都台東区根岸)でホームから線路に転落した目の不自由な男性(34)を救助したとして、東京消防庁は17日、さいたま市の会社員、武末慎さん(36)に消防総監感謝状を贈呈した。

 同庁によると、6日午後2時ごろ、鶯谷駅山手線のホームで目の不自由な男性が線路に転落。反対側のホームで娘2人といた武末さんは「ドサッ」という音で転落に気付き、「何とかしなければ」という思いで線路に降りた。

 武末さんは倒れている男性を後ろから抱え上げ、ホーム上の通行人と協力して男性を救出した。男性は左足を骨折したが、命に別状はなかった。ホームでは列車非常停止警報装置が押されており、「怖くはなかった」(武末さん)が、救出後、気が付くと運転手の顔がはっきり確認できるほど電車は迫っていたという。

 武末さんはすぐに立ち去っており、同署が名乗り出てほしいと呼びかけていた。武末さんは会社の同僚から話を聞き、9日に名乗り出た。

 武末さんは「助かってよかった。ほかにも手を貸してくれた人がいたので、みんなで表彰されたものだと思っています」と話した。

【関連記事】
大惨事回避!全盲男性救助したお手柄男性探してます 上野消防署
線路降り?「のぞみ」接触、29歳女性が左手切断 影響1.4万人
池田努に感謝状贈呈、ホーム転落男性救助
【週末に想う】あの勇敢な若者は思慮深かった 小林静雄
危ないからダメ!線路に“珍入者”続出で鉄道関係者困惑
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に届く(産経新聞)
SFCG関係メールを削除=違法取引隠ぺい狙いか―振興銀、出資法抵触の疑いも(時事通信)
<厚労相研究会>貧困による損失を数値化 初の推計(毎日新聞)
代表質問 谷垣総裁「バラマキ政策撤回を」(毎日新聞)
参院選候補、40人に=みんな(時事通信)
スポンサーサイト

緊急対策案で重点4課題、障がい者総合福祉部会(医療介護CBニュース)

 障害者自立支援法に代わる新法「障害者総合福祉法」(仮称)のあり方を議論する「総合福祉部会」は6月7日付で、来年度予算の概算要求への反映を目指し、利用者負担の見直しなど4点に当面の重点課題を絞った緊急対策案を、同日開かれた親会の「障がい者制度改革推進会議」に提出した。同案は、2013年8月の新法制定までの間に当面必要な措置。

 緊急対策案は、障がい者制度改革推進会議がまとめた「障害者制度改革の推進のための基本的な方向(第一次意見)」に添付され、近く同会議本部長の菅直人・新首相に提出される。

 同案は、自立支援医療で低所得者の自己負担の無料化をはじめとする「利用者負担の見直し」のほか、発達障害などを障害に含めるなど「法の対象となる障害の範囲の見直し」「地域での自立した暮らしのための支援の充実」「新法作成準備のための調査、情報収集、試行事業実施についての予算措置」の4つを重点課題として挙げている。

 利用者負担の見直しなどについては、衆参両院の厚生労働委員会で障害者自立支援法の改正法案が可決されている。しかし、総合福祉部会の議論が反映されていない議員立法がベースで、「当面の課題が十分に網羅されていない」などとして、同部会は同日付で親会に同改正案へ遺憾の意を表す要望書を提出した。


【関連記事】
「わたしたち抜きに決めないで!」自立支援法改正案可決に怒りー総合福祉部会
障害者自立支援法改正案が可決、利用者負担見直し
障害者支援財源、5割増を―民主・谷議員
「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団
障がい者総合福祉部会が55人体制で初会合、6月に緊急対策案

菅次期首相週明けに組閣 「反小沢色」強まる(J-CASTニュース)
<NHK>地デジ難視聴世帯にチューナー無償貸与(毎日新聞)
コンビニ強盗殺人未遂 容疑の男逮捕 「似た男いる」と情報提供(産経新聞)
朝日水戸総局に脅迫ファクス=容疑で医師逮捕―茨城県警(時事通信)
首相動静(6月4日)(時事通信)
プロフィール

ふかみたかひろさん

Author:ふかみたかひろさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。